私の色白を目指す人生【ホワイトスキン研究所】

私の色白を目指す人生【ホワイトスキン研究所】

私の色白を目指す人生をつづっていきます。ホワイトスキン研究所ではあらゆるスキンケアを試していきます。

 

若い頃は小麦色に焼けた肌が流行っていたから沢山日焼けをしたという方も少なくないかと思います。

 

 

日焼け防止アイテム

 

 

小麦色の肌は健康的で活発に見え、元気な女性を演出することができますね。

 

しかしそんなこんがり焼けた肌を実現するために浴びてきた紫外線が実はしみやしわの原因となってしまっていたのです。

 

紫外線には種類があり、その中で所謂日焼けをするのがUVBです。このUVBも日焼け以外にもしみの原因になるなど肌への影響があるものですが、それ以上に注意が必要なのがUVAで、こちらが主に肌老化の原因となっています。
UVAは夏場に照射量が増えるがガラスなどで遮ることが可能なUVBと違って年間通して照射されているだけでなく、ガラスなどで遮ることもできないという厄介な存在です。そんなUVAが肌に当たると真皮まで到達してしまいます。真皮にはハリや弾力のもととなる線維芽細胞が存在しており、それがUVAによって損傷したり破壊されたりしてしまった結果しわやたるみが増えてしまうのです。更に厄介なのが一度浴びてしまうと消し去ることが出来ないという点であり、若い頃に沢山紫外線を浴びた方が歳を重ねるにつれて肌が老化してきてしまうのはこのためです。

 

そんな紫外線による肌老化の対策はやはり紫外線から肌を守ることが重要となってきます。日焼け止めは勿論、日傘やUVカット機能のある服を着用するなどの対策をしましょう。先に述べた通りUVAは一年を通して照射されているため、夏場だけではなく年間を通して日焼けケアが大切です。

 

日焼け止めを塗る際には腕や足などの露出している部分は勿論、耳の後ろや襟足、足の甲など意外と忘れやすい部分にも塗るようにします。SPFやPAが高いほど防止効果が高くなりますが、その分肌への負担も増えるため利用シーンに合わせて選択すると良いでしょう。
また、紫外線は必ずしもお肌に悪いというわけではなく、ビタミンDを生成するために必要な存在でもあります。マイナス面のほうが強くはありますが必要な存在でもあるため、紫外線に関する知識をしっかりとつけて対策をしていきたいものですね。

 

 

色黒だった私が色白と言われるようになった方法

 

 

子供の頃私は真っ黒に日焼けしていわゆる色黒な健康優良児でした。
もともとメラニンが多い体質だったのか、外でちょっと遊ぶだけでなぜか真っ黒に。
父親と姉は色白、母と私は色黒。
DNAって悲惨と思いました。

 

中学生くらいになってから、年頃になったのか色白に憧れるようになりました。
色白な姉にどうしてそんなに色白なの?と聞いたら、お風呂で垢擦りゴシゴシやってる、と言われました。
さっそく真っ黒に焼けていた手の甲をゴシゴシやると、あら不思議!
友達から色白くなったね!と言われるように!
こんな簡単なことで色白に一歩近づけた!

 

嬉しくなった私の色白を目指す人生が始まりました。

 

まずは定番の日焼け止め。毎日毎日ぬっていましたが、ある日ふと見ると、あれ?塗る前より焼けてない?!となりました。
日焼け止めは一度塗っただけではダメで、塗り直さなければならない。しかも塗り残しがあったら意味がないということを学びました。
しかしなかなかそれを実践できない、返って焼けてしまってる?

 

実は綺麗に焼くための方法として、まずはSPF値の低い日焼け止めを塗るのをご存知ですか?
いきなりサンオイルなどで焼くと肌に影響があるため、日焼け止めを塗って焼くことによってベースを作るそうです。
日焼け止めにはある程度油分が入っていますので、メラニン多めの私はその油分をサンオイル代わりにしてしまったのか、私は自然と綺麗に焼ける方法を実践していたのです。
メラニンが人より多い私は余計に焼けやすくなってしまっていました。
私はあえて逆転の発想で、日焼け止めを塗ることをやめました。

 

日焼け止めなしで外出は危険なので、UVカット効果のあるカーディガン、パーカーなどを必ず羽織るようにしました。
暑くても我慢です。

 

最初は日焼け止めなしで出かけるのは怖かったのですが、日焼け止め手袋、日傘を駆使してとにかく紫外線対策をしました。
ちなみに顔は日焼け止め+SPFのはいむてるパウダーファンデでがっちり守っています。
パウダーファンデでこまめになおすのが大事です!

 

この生活を始めて3年くらい経つ頃からは、色白ですね、と言われるようになり、ファンデの色も一番ダークな色を選ばれていたのに標準より明るい色をつけられるようになってきました。
美白ケアは夏だけやっていました。

 

UVカットカーディガンやパーカーはいまは可愛いものも多いので、お洒落しながら色白美人目指せますよ!
日焼け止めつけててもなんか焼けちゃう、という方はこの夏試してみてほしいです。

 

ホワイトヴェールの口コミ